伊東 達広
Tatsuhiro Itou


出身地   兵庫県
生年月日  1946年7月28日(73歳)
身長    177cm
趣味・特技 散歩、乗馬
経歴    劇団俳優座1972年入団

ボイスサンプル

主な出演作品

【俳優座公演】

■2018年「首のないカマキリ」(俳優座稽古場)作:横山拓也、演出:眞鍋卓嗣 NEW!
■2017年「クスコ」(俳優座稽古場)演出:森一
■2017年「七人の墓友」(地方)
■2016年「常陸坊海尊」(俳優座稽古場)演出:安川修一
■2016年「反応工程」(紀伊國屋ホール)演出:小笠原響
■2015年「詩人かたぎ」(俳優座稽古場)演出:下野武彦
■2014年「七人の墓友」(紀伊国屋ホール)演出:佐藤徹也
■2014年「東海道四谷怪談」(俳優座劇場)演出:安川修一
■2012年「かもめ」(俳優座稽古場)演出:眞鍋卓嗣
■2011年「妻の家族」(俳優座稽古場)演出:佐藤徹也
■20010年「三屋清左衛門残日録~夕映えの人」(地方)
■2010年「どん底」(紀伊國屋サザンシアター)演出:安川修一
■2007年「上意打ち―拝領妻始末―」(三越劇場)演出:金子良次
■2006年~2009年「三屋清左衛門残日録~夕映えの人」(地方)
■2005年「次郎長が行く」(三越劇場)演出:安川修一
■2004年「ザ・パイロット」(俳優座劇場)演出:安川修一
■2004年「三屋清左衛門残日録~夕映えの人~」(紀伊國屋ホール)演出:安川修一
■2003年「三人姉妹」(俳優座劇場)演出:袋正
■2002年「不忠臣蔵」(俳優座稽古場)演出:宮崎真子
■2002年「僕の国、パパの国」(俳優座稽古場)演出:亀井光子
■2002年「肝っ玉おっ母とその子供たち」(俳優座劇場)演出:アレクサンドル・マーリン
■2000年「ペナルティーマリア」(俳優座稽古場)演出:高岸未朝
■1997年「ハムレット」(パナソニック・グローブ座)演出:グレッグ・デール
■1995年「正劇  室鷲郎」(パナソニック・グローブ座)演出:末木利文
■1990年「カドリールゆらゆるスカーツ」(俳優座劇場)演出:島田安行

【外部出演】
■2016年せんがわシアター「黄昏の光芒」(せんがわ劇場)
■2015年せんがわシアター「マヨイガの妖怪たち」(せんがわ劇場)
■2014年せんがわシアター 「紙屋悦子の青春」(せんがわ劇場)
■2013年せんがわシアター 「紙屋悦子の青春」(せんがわ劇場)
■2011年劇団 俳小「ローズィーの食堂」(シアターグリーン)
■2009年8月 東京桜組「金の卵1970」(中野ザ・ポケット)
■2009年2月 東京桜組「風のクロニクル」(俳優座劇場)
■「壊れた風景」(俳優座劇場)
■「むりがとおれば」(俳優座劇場)
■「風の季節」(俳優座劇場)
■「ちりもつもれば」(俳優座劇場)
■蝉の会「がめつい奴」
■岡部企画「がんばろう」
■岡部企画「元寇」
■「夏を抱きしめたい」
■「夢のまにまに」(博品館劇場)
■「風の行方」(博品館劇場)
■「恋をしては悲しく」(博品館劇場)
■地人会「ブルーストッキングの女たち」
■木山事務所「シンデレラたち」
■「冬物語」(スパイラルホール)
■「ハムレットライブ」(モリハナエシアター)
■「キャバレー」(博品館劇場)
■安部公房スタジオ「愛の眼鏡は色ガラス」


【映画】
■2017年「沈黙」監督:マーティン・スコセッシ
■2013年 松竹「東京家族」監督:山田洋次
■2011年「蒼い手」※モナコ国際映画祭にて助演男優賞を受賞
■2007年「日本の青空」監督:大澤豊
■2001年「伊能忠敬-子午線の夢-」
■「ハラスのいた日々」
■「想いでのアン」
■松竹「彩り河」
■松竹「復活の朝」
■松竹「スペインからの手紙」
■松竹「二十四の瞳」
■松竹「俺達の交響楽」
■東映「仁義の墓場」
■東宝「青春の門 自立編」